読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越し屋バイト体験記

今年の春ごろだったろうか。

当時休職中だったため、そろそろ簡単なバイトでもして小遣いを稼がないと と思い立ち。登録しているバイト派遣業者からの紹介で引っ越し屋のバイトを一日することになった時の話をしたいと思う。

今振り返っても恐ろしく辛い経験だった。

 

私は小学3年生の頃から高校3年まで野球をしてたし、大学に入ってからはヨサコイやら、草野球などを運動を続けていたので、社会にでて3年週の運動時間は減ってはいたが、普通の人よりは少しぐらい体力ある方だろうと甘えた考えを持って挑んだ。

そもそも今までの仕事に嫌気がさしていたので全然別のジャンルの仕事をやってみたいと思ったのもこの仕事を挑戦しようと思った要因だ。

確か時給は1000円ちょいだったろうか、最低賃金が低い北海道ではばいととしてはなかなかいい方だ。

出勤は朝8:00 待ち合わせ場所に到着するとすでにトラックが止まっている。

「よろしくお願いします」と乗り込む私。

初めて乗るトラック。 思っていたよりもさらに高い位置に座席があり、見下ろす視界がちょっと新鮮。そして意外にも中が広い…結構散らかってる。

運転する中年のおじさんが「引っ越し初めて?めっちゃきついよ~」と話すが、どうみてもそのおじさんは体育会系ではない。ひょろっとした50歳ぐらいいってるんじゃないかと思われるおじさんであった。

内心このおじさんができるんだから、案外楽なんじゃないか?と思っていたがそんな思いはすぐさまぶち壊される。

1件目(というか一日ほぼこの家の引っ越し)はアパートの二階に住む老婆の引っ越しだったのだが、これがまあ荷物がやたらに多い。一人暮らしなのにどうして冷蔵庫が2台?とかほぼゴミみたいなものとかを運んでいく。最初はまだ行けたのだが、中盤でもうかなりきつかった。アパートの2階の奥の部屋だったので、毎回トラックまで運ぶのが大変だったし、古いアパートの階段が怖い。疲れた体に上り降りがジワジワと脚を重くする。他の作業員はなれた手つきできびきびと運んでいく。「もっと早く運べない‼?」すでに私はへとへとである。

気合の入った言葉一つでも返して、力を出せればよかったが、もうかなり心が折れていて、へなへなとした、声しか返せなかった。荷物の半分を積み終わった段階でもう帰りたいと思っていたが、まだまだ作業は始まったばかり先は長い。およそトラック二台分の荷物を積み込むとそのまま移動。

私はそんなことあると知らなかったが、その引っ越す家の老婆もトラックに一緒に乗り込み次の家まで移動するのである。またこの老婆が癖者で、あまり詳しく書くと悪口ばかりになってしまうのでここでは慎むが、できれば二度と会いたくない人物であった。

 

で引っ越し先の家に到着である。またも二階…前の家よりは確かに新しい家だがどう計算しても荷物が上まで運べない階段の細さである。

とりあえず運べるものを運んでいくが、もう腕の筋肉はプルプルである。荷物を落とすわけにはいかないのでできるだけ、軽い荷物を運ぶことになるが、まだ午前中が終わるかどうかの時間にとうとう私は音を上げる。

 見かねた社員さんが特別に休ませてやるとトラックの中に戻る。正直もう帰りたいそのことだけを考えていた。全身がすでに筋肉痛である。身体がもう休めと命令している。10分ぐらい休んだろうか、全然休息には足りないが社員さんが「まだ休むの?」と問いかけてきた。正直かなりきつくてもう帰りたいことを伝えるが、今回のバイト契約は17:00まで、おそらく何かしらの逃避策があったであろうが、そこは思考が追い付かない。しかたなく作業に戻る。こんなへとへとでほとんど使い者にならない人間も一人いなくなるとそれはそれで大変なのだろうか。

身体に鞭うちながらなんとか作業を続ける。

どうやっても運べないと思っていた大きな家具は社員さん達がクレーンも使わずにそれようのロープを使い、窓から引っ張り入れていた。こんな方法があったのかと感心したが、またいつか出す時のことを思うと今後その場に居合わせた人間はさぞ災難だろうと思う次第である。

そんなこんなで一件目が終わる。すでに14時ぐらいであっただろうか?

もう帰りたい。。

昼食は車中でコンビニのおにぎりをかっ込む。

それから次の2件に向かうがもう後は惰性である。転がったボールがコロコロと進むようになんとか乗り切る。2件目はいたって普通の家庭でよかった。おそらく転勤かなんかで移動する家族だったんだろう。2件目は詰め込み途中でバイトの時間が終了。それでも予定の17:00より一時間オーバーしてしまっていた。作業に夢中で気が付かなかったし、社員さんたちも私が何時までなのかなんて知らない。まあそれはいい。

 まだ仕事は残っていたので、社員の方たちの仕事は続くのだろう。おそらく予想するに社員なら相当な時間働いているのであろう。とても大変な仕事である。もっと彼らにはリスペクトを持って接したいと思った次第であるが、

私はもう二度とこの仕事をしたくない

 そしてよほど体力に自信がある人以外にはこの仕事を勧めない。別のバイトをするべきである。

その後3日間ほど全身の筋肉痛で動けなくなることをきっかけに、なまった身体を鍛え直そうと思い筋トレを始めていくこととなるのである。

 

終わり