読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に公開された。映画ベストランキング 

 私的2016年みた映画ランキングを発表します。

その前に2016年に観た映画をなんとなく観た順で、

たぶんちょっと違うところもあるけど 

並べてみます。

 

ブリッジ・オブ・スパイ

イット・フォローズ

ザ・ウォーク

オデッセイ

ヘイトフルエイト

アーロと少年

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

レヴェナント: 蘇えりし者

アイアムアヒーロー

ズートピア

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

アイアムヒーロー

海よりもまだ深く

ヒメアノ〜ル

デッドプール

ノックノック

帰ってきたヒトラー

クリーピー 偽りの隣人

日本で一番悪い奴ら

ファインディング・ドリー

シン・ゴジラ

X-MEN: アポカリプス

ゴーストバスターズ

君の名は。

何者

ハドソン川の奇跡

この世界の片隅に 

ジャック・リーチャー NEVAER GO BACK

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ローグワン スターウォーズ・ストーリー

ドント・ブリーズ

エビバディ・ウォンツ・サム! 世界はボクらの手の中に

 

以上32作品今年劇場でみました。

正直もう少し、少なくとも50作はいきたかった所だったな。

では

2016年の私的映画ランキング

 

1位 シンゴジラ

2位 ヒメアノール

3位 何者

4位 ノックノック

5位 ブリッジ・オブ・スパイ

6位 クリーピー 偽りの隣人

7位 日本で一番悪い奴ら

8位 エビバディ・ウォンツ・サム! 世界はボクらの手の中に

9位 この世界の片隅に 

10位 アーロと少年

 次点 ハドソン川の奇跡  イット・フォローズ 

てな感じ

今年はいい映画が多すぎてランキングが難しけど

ダントツ一位はシン・ゴジラです。

詳しいことはのちほど更新しようと思います。

とりあえずランキングをだしておきます。

 

追記

では10位から解説していきたいと思います。

10位 アーロと少年

www.youtube.com

16年はズートピアや君の名はなど多くのアニメーションがヒットしてこの作品が

陰に埋もれてしまっているので、私は今作を押したいと思い10位とした。

高水準の作品を発表するピクサーだけあってお話は安定して面白い。

あまりひねりがなさすぎると思う人がいるかもしれないけど

作品の伝えたいメッセージは間違いない。

毎回日本の予告は泣かせようしすぎな傾向があるけど、ピクサーはわざとらしい

涙演出ってのはほとんどしない。それでいてバッチし涙腺を刺激するポイントもある。

いつも思うんだけど、ピクサー映画は毎回予告からのイメージとは違う

隠しポイント、キャラクターが毎回登場すると感じる。

そして予告では隠していたものが毎回いい仕事をしていくのである。

インサイドヘッドのビンボンだったり、ウォーリーの人間だったり

今作はそこまで隠しはないんだけどさ。

それでもあれそういう話に進むんだってちょっと思いました。

 

9位 この世界の片隅に

www.youtube.com

どこもかしこもこの作品をトップにあげてるだろうから、

私はトップ10にいれなくてもいいかなと思ったけど

やっぱりこの作品は評価しないといけないでしょう。

最初観たときは事前の評判を聞いて

ハードルが上がり過ぎた状態で観てしまったので、

いいけどそこまでか、とも思いましたが、

やっぱりこの作品の歴史的意義を考えると間違いなく今後語り継がれる

素晴らし作品であることは間違いないのでランキングにいれました。

 

 8位 エビバディ・ウォンツ・サム! 世界はボクらの手の中に

www.youtube.com

 私はリンクレターのビフォアシリーズや6歳の僕がとかが大好き。

だから今作もとても大好きな作品です。

内容は毎日飲んだくれて女といちゃつくだけの3日間の話しなんだけども、

そんな大学生活の何日かの出来事なのに、

人生について考えさせられてしまう作品なのである。

くだらない遊びから音楽まで何かその時しかない一瞬の輝きのあほらしさだったり、

儚さだったりを感じてしまう。

それでいて肩肘張らずに気楽に観れる作品である。

 

 

 

7位 日本で一番悪い奴ら

www.youtube.com

実話が元になった作品。

やってることは完全に犯罪で許されることじゃないんだけども、

ウルフオブウォールストリートにも通ずる

悪いことしてのし上がっていく過程が非常に爽快だし、

その後の転落も含め非常に面白い作品だった。

売れっ子なのに綾野剛君よくこんな役やるなって感じ。

今年はこういう思い切った日本映画が多くて非常に良かった。

 

6位 クリーピー 偽りの隣人

www.youtube.com

今年は日本映画が豊作だった。

香川照之の役が非常に狂気じみていてよかった。

とてもハラハラする映画でした。

作品全体に覆われている不穏な感じもとてもよかった。

怖いけどとても興味深く最後まで見れる作品でした。

警察しっかりしろよとか突っ込みどころは多いけども

それも含めて面白い作品です。

 

 

5位 ブリッジ・オブ・スパイ

www.youtube.com

正直ベスト10の中でこの作品とハドソン川の奇跡をどこにいれようかすごく悩んだ。

どちらも甲乙つけがたいがハドソン川よりもこっちをこの順位に選んだ。

どちらも英雄譚なのだがこちらの作品の方が味に深みがあるというか

スピルバーグの人間愛が美しいと思いました。 

 

 4位 ノックノック

www.youtube.com

この作品をトップ10にいれる人はあんまりいないと思うけど

あえていれさせてもらう

ぜひともジョンウィックをみてからこの作品をみてもらいたい

あんなに強いジョンウィックがこんな仕打ちを受けるなんて…

いいぞもっとやれ!!となんだかいろんな感情が渦巻いて

こんな映画初めてみたかもって感じ(リメイク元はみてない)

 

 

3位 何者

www.youtube.com

 

 

2位 ヒメアノール

www.youtube.com

これが1位でもよかったぐらいすごいよかった。

原作は友達に勧められ読んでいてそこそこ好きだったんですが、

原作とはいい意味で全然違います。

いやーしかしV6の森田剛演じる森田最高にいい演技でした。

ものすごく陰湿で怖い!ずば抜けている作品でした。

喜劇と悲劇の表裏一体性も非常によく描けていました。

 

1位 シンゴジラ

www.youtube.com

 2016年を象徴するのは私の中で君の名なんかよりも

断然こっちシンゴジラ 日本を代表するゴジラという題材で

これほどまで今の日本社会を生きる人間の心を打つこの作品。

どのシーンを切り取っても最高!!

テンポがものすごく早くて 

え!?なにが起きてる?と映画の中と人々と同じ気持ちでゴジラに巻き込まれました。

政治劇としてみたても非常に面白かったで、

下手するととても退屈なシーンになりかねない会話シーン

がとても面白い!おかげで実際のニュースでの政治にも

だいぶ興味を持ってみるようになってしまいました。

私はエヴァンゲリオンを観たことないのですが音楽の使い方もいい。

無理にハリウッドと対抗しようとせずに日本らしい演出で

ハリウッド映画ばりの興奮を(海外ではあんまり評価されてないみたいだけど)

味わえました。

 

以上が私の2016年の映画ベスト10でした。