2017年の目標

年も明けたので今年の目標を書こうと思う。

 

もう少しカッコよくなる

 

というのもこれまであまりにも身なりに無頓着すぎたので、

少し見た目をちゃんとしないとな!

と思った次第。

去年なんか服をほとんど買わなかったので

まずはちゃんとした服を着ないと。

後は筋トレを継続し、いい身体に。

健康でいること。

よい精神を宿すこと。

などなど定義を広めに設けてカッコよくなるという目標でいこう。

 

ブログを毎日更新とかはそういうのは目標には今回はしないでおこう。

ローグワン/スターウォーズ・ストーリー【とりあえず感想】(仮)

結構楽しみにしてましたローグワン

とりあえず結論から言うと

微妙。。。

詳細は今後書こうと思います。

ローグワン楽しみだな。

この後24時から全世界同時開始となるローグワンを観に行きます。

去年のフォースの覚醒もかなり好きだったので、結構期待している。

なによりドニーイェンがでるのでアクションに期待!

タマフル 161119 月刊わたしのスター・ウォーズ 11月号 by ゾンビ男子 ラジオ/動画 - ニコニコ動画

引っ越し屋バイト体験記

今年の春ごろだったろうか。

当時休職中だったため、そろそろ簡単なバイトでもして小遣いを稼がないと と思い立ち。登録しているバイト派遣業者からの紹介で引っ越し屋のバイトを一日することになった時の話をしたいと思う。

今振り返っても恐ろしく辛い経験だった。

 

私は小学3年生の頃から高校3年まで野球をしてたし、大学に入ってからはヨサコイやら、草野球などを運動を続けていたので、社会にでて3年週の運動時間は減ってはいたが、普通の人よりは少しぐらい体力ある方だろうと甘えた考えを持って挑んだ。

そもそも今までの仕事に嫌気がさしていたので全然別のジャンルの仕事をやってみたいと思ったのもこの仕事を挑戦しようと思った要因だ。

確か時給は1000円ちょいだったろうか、最低賃金が低い北海道ではばいととしてはなかなかいい方だ。

出勤は朝8:00 待ち合わせ場所に到着するとすでにトラックが止まっている。

「よろしくお願いします」と乗り込む私。

初めて乗るトラック。 思っていたよりもさらに高い位置に座席があり、見下ろす視界がちょっと新鮮。そして意外にも中が広い…結構散らかってる。

運転する中年のおじさんが「引っ越し初めて?めっちゃきついよ~」と話すが、どうみてもそのおじさんは体育会系ではない。ひょろっとした50歳ぐらいいってるんじゃないかと思われるおじさんであった。

内心このおじさんができるんだから、案外楽なんじゃないか?と思っていたがそんな思いはすぐさまぶち壊される。

1件目(というか一日ほぼこの家の引っ越し)はアパートの二階に住む老婆の引っ越しだったのだが、これがまあ荷物がやたらに多い。一人暮らしなのにどうして冷蔵庫が2台?とかほぼゴミみたいなものとかを運んでいく。最初はまだ行けたのだが、中盤でもうかなりきつかった。アパートの2階の奥の部屋だったので、毎回トラックまで運ぶのが大変だったし、古いアパートの階段が怖い。疲れた体に上り降りがジワジワと脚を重くする。他の作業員はなれた手つきできびきびと運んでいく。「もっと早く運べない‼?」すでに私はへとへとである。

気合の入った言葉一つでも返して、力を出せればよかったが、もうかなり心が折れていて、へなへなとした、声しか返せなかった。荷物の半分を積み終わった段階でもう帰りたいと思っていたが、まだまだ作業は始まったばかり先は長い。およそトラック二台分の荷物を積み込むとそのまま移動。

私はそんなことあると知らなかったが、その引っ越す家の老婆もトラックに一緒に乗り込み次の家まで移動するのである。またこの老婆が癖者で、あまり詳しく書くと悪口ばかりになってしまうのでここでは慎むが、できれば二度と会いたくない人物であった。

 

で引っ越し先の家に到着である。またも二階…前の家よりは確かに新しい家だがどう計算しても荷物が上まで運べない階段の細さである。

とりあえず運べるものを運んでいくが、もう腕の筋肉はプルプルである。荷物を落とすわけにはいかないのでできるだけ、軽い荷物を運ぶことになるが、まだ午前中が終わるかどうかの時間にとうとう私は音を上げる。

 見かねた社員さんが特別に休ませてやるとトラックの中に戻る。正直もう帰りたいそのことだけを考えていた。全身がすでに筋肉痛である。身体がもう休めと命令している。10分ぐらい休んだろうか、全然休息には足りないが社員さんが「まだ休むの?」と問いかけてきた。正直かなりきつくてもう帰りたいことを伝えるが、今回のバイト契約は17:00まで、おそらく何かしらの逃避策があったであろうが、そこは思考が追い付かない。しかたなく作業に戻る。こんなへとへとでほとんど使い者にならない人間も一人いなくなるとそれはそれで大変なのだろうか。

身体に鞭うちながらなんとか作業を続ける。

どうやっても運べないと思っていた大きな家具は社員さん達がクレーンも使わずにそれようのロープを使い、窓から引っ張り入れていた。こんな方法があったのかと感心したが、またいつか出す時のことを思うと今後その場に居合わせた人間はさぞ災難だろうと思う次第である。

そんなこんなで一件目が終わる。すでに14時ぐらいであっただろうか?

もう帰りたい。。

昼食は車中でコンビニのおにぎりをかっ込む。

それから次の2件に向かうがもう後は惰性である。転がったボールがコロコロと進むようになんとか乗り切る。2件目はいたって普通の家庭でよかった。おそらく転勤かなんかで移動する家族だったんだろう。2件目は詰め込み途中でバイトの時間が終了。それでも予定の17:00より一時間オーバーしてしまっていた。作業に夢中で気が付かなかったし、社員さんたちも私が何時までなのかなんて知らない。まあそれはいい。

 まだ仕事は残っていたので、社員の方たちの仕事は続くのだろう。おそらく予想するに社員なら相当な時間働いているのであろう。とても大変な仕事である。もっと彼らにはリスペクトを持って接したいと思った次第であるが、

私はもう二度とこの仕事をしたくない

 そしてよほど体力に自信がある人以外にはこの仕事を勧めない。別のバイトをするべきである。

その後3日間ほど全身の筋肉痛で動けなくなることをきっかけに、なまった身体を鍛え直そうと思い筋トレを始めていくこととなるのである。

 

終わり

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅【ネタバレ若干あり】感想 エディレッドメイン主演

小説版のハリーポッターが大好きで、「幻の動物とその生息地」もちゃんと読んでいた自分としては、そこそこ楽しみにしてましたよ。

www.youtube.com

 

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

(大きく話に影響しない程度に少しネタバレあるので知りたくない人は観た後に)

 

72点

小説版が好きなあまり映画版ハリーポッターは最初の方あまり好きではなかったんだけど、ある程度大人になってくると、原作との違いを容認できる心も芽生え、なんだかんだ最後までハリーポッターを見てました。

そんな中で今回新たに始まるシリーズ。

あまり期待してないけどそれなりに楽しみにしてましたよ。

 

今回の主人公ニュート・スキャマンダー演じるエディレッドメイン

リリーのすべて」とか見てないから映画で見るの初めてだったんだけど、噂通りの美青年!上品さと茶目っ気があってかわいかっこいい好青年だと思いました。(これは一定の層の女子からモテるわけだ)作品内ではニュートは完全なる巻き込まれがたの主人公でそれがよくあってました。

 

今回の舞台はアメリカ。ここではイギリスと違い、マグルのことをノーマジと読んだり少しばかり魔法界の文化が違うようです。

 

そんな中でニューヨークに降り立ったニュートと出合う人々が今回はすごく魅力的だと思いました。特に完全なノーマジなのにニュートに巻き込まれて行動を共にするジェイコブ。この人がよかった。彼がいることでお話にポップな雰囲気が漂ってました。

女性キャラはティナよりもその妹のクイニ―が妙にエロくてよかった。

 

ストーリーは不手際で逃がしてしまった。ニュートの魔法動物を追うことと、もう一つ何か邪悪なやつがうごめいていることが同時進行に進むんだけども、そこはなんかあんまりうまくないというか。ほとんど別々の話しである。

なんつーか途中挟まれるノーマジ達の選挙の話しとかそんなにいるかなっと見終えてからだと思ったりもするし、いきなり死刑宣告はアメリカの魔法界どうなっとんだと思いました。

 

まあそれを補うぐらいには動物たちの捕獲シーンは映像的にかなり迫力あったので十分話を気にせず、見れました(見るならアイマックス3Dが絶対おすすめ)

 

特にだめだった点をあげるとするならば、やはりラストバトル!そんな終わり方でいいのかな?とも思ったけど、、、特にアイツ。。。

あと全体的に出てくる動物たちがかわいくない…

 

まあ何も考えず、特に気も張ることなく見れる作品なので、デートとかにはおすすめです。

なんだかんだ結構楽しめました。私はそれなりに満足です。話のあらとか全然そこまで気になりませんよ。

今回はニュート自身の話しがほとんど触れられなかったのでこれからのシリーズもほどほどに待ちたいと思います。

 

 

改めまして自己紹介します。

今更ながら改めて自己紹介したいと思う。

このブログは現在札幌在住の平成生まれ、二十代後半の男が書いている。

 

内容はオールジャンル日々思ったことや考えたことなどメモやノート替わりに書いたりしている。もちろんできるだけ読みやすいように書くことを心がけているが、今はクオリティよりもとにかく書く数、残したものの数を増やしたいと思っているので、乱文になってしまうこともあるかもしれない。

ゆくゆくは音楽も作成し、アップしていきたいと思っている。

文章だと固い感じになってしまうが、ふざけた人間であり、社会不適合者である。

 

元々、体調を崩しやすいので自分の経験を活かし対処法や予防作なども紹介したい。

(医療職でもあるので心理や神経系の話しが得意かもしれない。)

その他趣味(広く浅くそこそこ多い方かな?)などの内容も気が向けば書いていこうと思う。

正直働きたくないけどニートにはなりたくない。プロフェッショナルに出て来る人達のように熱心に働く人に憧れているのに、今の仕事に熱意はない。なんて矛盾を抱え、どうにかして今の退屈な人生を変えていきたいと思い、何かのきっかけになればとこのブログを綴っている次第なのである。

興味のあることがあればぜひとも目を通してみてもらいたい。何かアドバイスあれば、よろしくお願いします。

とにかくまずは継続していくこと目標にやっていきたい。

 

 

 

人間関係リセット症候群‼?

思えば中学、高校、大学と進学するごとに人間関係が入れ替わっていた。

進学ごとに元の学校の人たちとは比較的違う道に進んでいたので、

気づけば友達は環境が変わるごとに入れ替わってきていた。

これを人間関係リセット症候群というらしい。

13-777-mc-8888.flier.jp

別に意識してやってるわけではないが、環境が変わるごとにどんなに仲の良い人達とも交流がほとんどなくなってしまう。

 もちろん過去の友人と完全に交流を絶っているわけではないが、社会人になって、休みの日に遊びに行く友達はまずいない。

 マツコ&有吉の怒り新党でもこの話はされている。以下

ami-go45.hatenablog.com

彼らもいう通り環境が変われば自然と関わる人間が変わるのも当然ではないかと思うのだがどうだろう。

しかしあまりにも関わる人がいなすぎて、休みの日はいつも一人。

たまに誰かと遊びにいこうかと思うが、しばらく連絡とっていないと声かけづらいのよな。どうしたものだろうか。